タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会

Japanese Mother Tongue and Heritage Language Education and Research Association of Thailand (JMHERAT)

第16回セミナー 延期のお知らせ

3月1日に開催を予定しておりました第16回セミナーを延期することにいたしました。 新型コロナウィルス感染に関して23日にタイの保険省から通達が出、それを受け教育省から教育現場にかなり厳しい行動、接触制限通達がでました。そこで、昨日緊急会議を開き、…

第16回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考えるⅡ 実践編」プログラムのお知らせ

―子どもを育てる、ことばを育てるー 複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考えるⅡ 実践編 第16回セミナーのプログラムをご案内します。 日時 日時:2020年3月1日(日)10:00〜16:30(9:30 受付開始) 会場 泰日経済技術振興協会日本語学校通称 ソ…

第16回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考えるⅡ 実践編」開催のお知らせ

―子どもを育てる、ことばを育てるー 複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考えるⅡ 実践編 2020年3月1日(日)に第16回セミナーを開催いたします。 昨年に引き続きリテラシーをテーマに、学校や家で、何をどう実践できるのか、参加者と一緒に考えます…

複言語・複文化を生きる7人の語り ー語る意義・聞く意義ー

親と子どもの話を聞こう ―複言語・複文化を生きる7人の語りー これまで4回にわたり、2019年8月25日に開催した第6回複言語・複文化ワークショップの報告をしてきました。 ・第1回報告:ワークショップのプログラムや全体の様子、参加者の方々の感想を掲載。 …

複言語・複文化を生きる子どもの親の語り「親の思い込み、子どもの気持ちとのずれ 今考える親の役目」「母親が語る、母と娘たちの移動物語」「父親が語る子どもの成長 -息子とこれまでの経験を振り返る」

親と子どもの話を聞こう ―複言語・複文化を生きる7人の語りー 2019年8月25日(日)に終了したワークショップの3回目の報告です。今回は、第二部「体験者の話を聞く」セクションから、複言語・複文化を生きる子どもの親であるEさん、Fさん、Gさんの語りの様子を…

複言語・複文化を生きる子どもの語り(2)「両親は日本人ではないけれど、心は日本人の僕」「今の僕を作ったもの、『野球』と『言葉』と『親との関わり』」

親と子どもの話を聞こう ―複言語・複文化を生きる7人の語りー 2019年8月25日(日)に終了したワークショップの3回目の報告です。今回は、第二部「体験者の話を聞く」セクションのAさんとCさんの語りの様子です。 それぞれのセッションでどのような語りが生まれ…

【お知らせ】第16回セミナー発表者募集

タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会では今年も3月にセミナーを開催いたします。 このセミナーでは言語活動実践を親と教師が共有し、子どもの成長を支える言語活動とは何なのか、それぞれの立場で考えることを目指しています。 今年度は昨年に…

複言語・複文化を生きる子どもの語り「僕の中にある、日本、タイ、アメリカ」「『一人で生きていけ』それが先生のメッセージ?」」

親と子どもの話を聞こう ―複言語・複文化を生きる7人の語りー 2019年8月25日(日)に終了したワークショップの2回目の報告です。今回は、第二部「体験者の話を聞く」セクションのBさんとDさんの語りの様子です。 当日語りセクションでは、どのような語りが生ま…

複言語・複文化を生きる7人の語り ー語り手と聞き手でつくる語りの場ー

親と子どもの話を聞こう ―複言語・複文化を生きる7人の語りー 2019年8月25日(日)に舘岡洋子氏をお招きし複言語・複文化ワークショップの第6弾が終了しました。複数の言語と文化で育った子ども、親、夫婦、親子、教師など51名が参加しました。 今回は複言語…

リテラシーとは? −行動や活動に繋がる読む力書く力−

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」報告(5) 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月17日(日)に終了した第15回セミナーの最後の報告をします。今回は、セミナー全…

親は一人一言語の原則で接するべき?

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」報告(4) 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月17日(日)に終了した第15回セミナーの4回目の報告をします。今回は、最後のま…

第6回 複言語・複文化​ワークショップ開催のお知らせ

見つめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 ―親と子どもの話を聞こう 複言語・複文化を生きる7人の語り―2019年8月25日(日)にワークショップを開催いたします。2011年に始まった複言語・複文化ワークショップの第6弾です。 今回は言語マップのワークを行…

複言語のこどもの土台は?混ざり言語と親のサポート

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」報告(3) 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月17日(日)に終了した第15回セミナーの3回目の報告をします。今回は、午後の部…

どうしたらリテラシーを育てられるのか?

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」報告(2) 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月19日に終了した第15回セミナーの第2回報告です。社会的存在としての人生を構築…

リテラシーって何だろう?

第15回セミナー「複言語環境の子どものリテラシーを育てる実践を考える」報告(1) 子どもを育てる、ことばを育てる―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月17日に開催した第15回セミナーの内容をこれから4回にわたってご報告いたし…

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」終了報告

子どもを育てる、ことばを育てる―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 日時 :2019年3月17日(日) 10:00〜16:30参加者:100名 今回は「リテラシー」をキーワードに、コメンテーターに齋藤ひろみ氏(東京学芸大学)、池上摩希子氏(早稲田大学…

第15回セミナープログラムのご案内

子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 第15回セミナーのプログラムをご案内します。 日時 日時:3月17日(日)10:00〜16:30(9:30 受付開始) 会場 泰日経済技術振興協会日本語学校通称 ソーソートー(ス…

第2回ダブルの大学生会

私とことばと、生きるということ 〜ダブルの大学生会〜 日時:2019年1月20日13:00〜17:30 場所:American School of Bangkok 幼稚園部2016年4月に続き第2回ダブルの大学生会を開催しました。 今回は、タイで生まれ育ってきた人、日本で生まれその後タイに来…

第15回セミナー「複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える」開催のお知らせ

子どもを育てる、ことばを育てる ―複数の言語・文化で育つ子どものリテラシーを考える― 2019年3月17日(日)に第15回セミナーを開催いたします。今回は、リテラシーを中心テーマとしています。 幼稚園や小学校の事例から、大学生の事例まで扱い、 それぞれの…

2018年8月ワークショップご報告第2回

第2回報告では、8月26日のワークショップ全体の様子と参加者たちの描いた言語マップと関係性マップを紹介します。■ワークショップ・当日の活動の流れ12:00〜開始12:05〜複言語・複文化とは(舘岡洋子)12:18〜言語マップ作成・グループ内共有13:20〜言語…

2018年8月ワークショップ報告

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 ―マップを描き、マップで語る わたしたちの言語・文化体験 親と子どもと教師たち―2018年8月26日に終了したワークショップの内容をこれから2回に分けて報告します。 当研究会では舘岡洋子氏をお招きし、2011年か…

第5回 複言語・複文化​ワークショップ開催のお知らせ

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 ―マップを描き、マップで語る わたしたちの言語・文化体験 親と子どもと教師たち―2018年8月26日(日)にワークショップを開催いたします。2011年に始まった複言語・複文化ワークショップの第5弾です。 今回は言…

第14回セミナー 全体質疑応答とまとめの報告

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践― 2018年3月18日に終了した第14回セミナーの4回目の報告をします。 今回は、最後のまとめとして行った全体質疑応…

第14回セミナー「言語活動実践報告―体験とことば―」第2部 講師からのコメント

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践―2018年3月18日に終了した第14回セミナーの3回目の報告をします。前回の報告から随分時間がたってしまいましたが…

2018年度運営委員

代表 深澤伸子 運営委員 青木有里香 勇諒美 荻原優 桑原弓枝 宍戸大作 嶋田俊之 谷口輝明 田野茜 常見千絵 中村砂緒里 藤井瑞葉 松井育美 松岡里奈 村崎愛

第14回セミナー「言語活動実践報告―体験とことば―」第2部報告

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践―2018年3月18日に終了した第14回セミナーの2回目の報告をします。今回は、第2部の「言語活動実践報告―体験とこと…

第14回セミナー「複言語・複文化活動報告 ―言語能力観の捉え直し―」第1部報告

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践―2018年3月18日に開催した第14回セミナーの内容をこれから数回にわたってご報告いたします。今回は第1部の「複言…

第14回セミナー「複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践」終了報告

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが自信を持って生きるための言語実践―日時 :2018年3月18日(日) 11:00〜16:00 参加者:96名 コメンテーターに池上摩希子氏(早稲田大学)石井恵理子氏…

第14回セミナーのご案内

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 子どもを育てる、ことばを育てる ―複数言語環境で育つ子どもが 自信を持って生きるための言語活動実践―3月18日(日)に第14回セミナーを開催いたします。※プログラムを更新しました。2018.02.16昨年初めて言語活…

2017年9月ワークショップのご報告 第4回

みつめよう子どもの姿、考えよう子どもの現実 タイで育つ子どもたちを新たな豊かさへ繋げる 複言語・複文化の視点 第4弾 わたしを描く ―言語マップで何が見えるか― 言語マップで生まれた語り2これから登場する2人にはワークショップ後にご自身でライフストー…